ライブドアブログだけでは拡がらないので
次回から更新したらTwitterと共有するつもりでしたが、Twitterに直接書いていたら、
レスポンスが100倍以上速く、直ぐにコメントやDMが来ますし、ライブドアブログは書くのが面倒になって来たので、極く一部の人の要望によりココは当分の間はアーカイブとして残しますが、ライブドアブログ単体では私の様な変態的マニアなブログは 続けて行く意味が全く見い出せない為、新規投稿はココにはせず、Twitterだけにします。
因みにFacebookやインスタはやりません。
芸能人でも無いし、本名や顔を晒せる程、
立派な人間でも無いので。

↓が私のTwitterです。

https://twitter.com/pmpkhs








【大日本シマノ帝国様】が、

コロナ禍でマレーシア工場が止まっているとはいえ、

その遥か前から
リペアパーツの供給を、
ほぼほぼ 完全に止めてしまい、

9100デュラのチェーンリングでさえ、
納期を何度も何度も引き延ばしにして、
1年以上生産しないとか、
完組ホイールの特殊なスポークも
発注して2年以上も何度も何度も納期を延長して、
問屋さんいわく、恐らくは永久に入荷しないとのことで、スポーク1本飛んだだけで
修理が出来ないという、
【売りっぱなしで、壊れたら新品を買え】
というのが、あからさまに成って来たので、
そんな企業方針に抗う様に色々やっています。

因みにカンパ様は、
こんなコロナ禍にも、
10年以上前のフルクラムの初代レーシング1の赤色のネクタイ形状のアルミスポークを
未だに安定的に供給してますし、
驚くことに、
2000年代のレコードのブレーキシューはもちろん、
1970年代の【oldレコード】の、
ブレーキシューを未だに生産してくれています。

これはシマノで例えたら、
デュラEXのブレーキシューを未だに安定的に
供給するくらいのアフターケアです。

今回の内容は、

シマノ殿様が、
9100デュラのブレーキ本体(BR9100)の
ピポットナットを、
一般人では絶対に外せない形状と構造に
【昔から得意の嫌がらせで】変更しましたが、

それを一般人でも外せる工具を作ったので、
それの簡単な作り方の詳細な説明を
ブログに挙げようと思ったのです。



DSC_0018~2

DSC_0018~4

DSC_0017~2

↑一応、
加工途中の画像は載せて無いけど
出来上がった特殊工具の画像はアップしましたので、器用な人ならリューター等で、市販のボックスソケットやメガネレンチを加工すれば多分作れると思います。

右側のナットは周りに障害物が無いので、
メガネレンチを改造した物で良いですが、
左側はナット周りにスペースが無いので
ボックスソケットが必要で、
更に外径をΦ11.7mm以下に削り落とす必要があります。だから改造後のソケットは、
肉厚がペラッペラで、高トルクには耐えられませんし、何十回も使える物ではありません。どうせ純正ナットは外したら棄てるので、この工具を締め付けに使うことは全く無い為、それでも問題ありませんがね。

私自身の物と友人の物を緩めたら、
お役御免で棄てるつもりですしね。

ベースに使うのは、
【12ポイント】の【二面幅9mm】です。
ソケットは10mm未満だと、
大抵は六角しかラインナップしていない
メーカーばかりなので、
ホームセンターでは置いて無いでしょうが、

私はメガネレンチもボックスソケットも
Amazonで買いました。

これで、
純正の【クソ意地悪ナット】を棄て去り、
新たに64チタンの六角フランジナットに
交換出来ます。

因みに外して実測した結果、
M6はM6ですが、
7700、7800デュラ時代とは違い
ピッチは0.75の細目ネジになっていました。

そんな物は汎用品では売ってないので、

M5のチタンフランジナットをAmazonで買いました。

二面幅8mmフランジ径11.8mmです。

普通の並目のM6フランジナットは、
二面幅が10mmで
フランジ径は13mm~14mmくらいなので、

もしM6が並目だったとしても、
特に左側はスペースが非常に狭いので、
どっちみち、M5ナットを買って
改造しないとならないのですがね。

二面幅8mmにM6タップを立てるのは、
肉厚はかなり薄くはなりますが、
フランジナットなので、座面の面積は大きいし、ボルトほど厳格に強度は必要無いし、
あの超高級品の
ポジポリーニのチタンフランジナットは、
M5もM6も二面幅は8mmなので、
全く問題無いでしょう。

それに5.2のドリルを通して
M6-P0.75のタップを通して、
フランジ径を10.5mmに削り落とした物が
↓画像の右側の物です。

DSC_0020~3

左側の黒いのは
純正の【クソ意地悪ナット】です。

交換すると、こうなります。

これで、
市販の二面幅8mmのソケットが
使える様になります。

DSC_0021~2

つまり、その後は、7900デュラ以前の様に
一般工具で分解整備、調整が出来る様に、
工業製品として本来あるべき姿に
戻すことが出来るという訳です。


DSC_0022~2

↑自作部品と派手なサードパーティー製部品
    てんこ盛り(笑)


先日の記事で、
ヒラメの縦型ポンプヘッドを
ほぼ完全に分解したところを見せましたが、
チョッと、ポカをヤラカシてまして、
一部、訂正します。

先ほどテーブルの上に、
こんな部品を発見しました。

DSC_0028

これは、一体、何なんだろう?
と、
しばらくは全く見当も付きませんでしたが、

最近テーブルの上で やった作業は、
ヒラメポンプヘッドを分解しただけなので、

その作業中に、見落とした物でしょう。

そこで、古い方の、
ヒラメポンプヘッドを、
同じ様に分解したらハッキリ解りました。 

DSC_0029

金属のコイルスプリングと、
樹脂製の球(3/16サイズ)で、
【逆止弁】に なっています。

ここを逆止弁にするのは、
仏式にしろ、英式にしろ、
私的には必要性は感じませんが、

ただ、
昔は必要だったのかもしれません。

安物の英式用ポンプだと逆流防止機能が無く
ポンプのハンドルが戻って来たり、
跳ね上がることもあったからです。

そんなポンプに付けても
性能を発揮出来る様に、
こんな非常に狭い所に逆止弁機能を付けた、
設計者の優秀さが分かります。

しかも、コレは、
30年以上前から市販されてるのです。

ヒラメポンプヘッドをバルブから外す時に、
全くエア漏れが無いのは、
皆さん知っているでしょうが、

ホース接続部で逆止弁があることも
一つの要因なのでしょう。

先日の記事で私が自作した
ホースとポンプヘッドの接続パーツには
逆止弁機能はありませんが、
今のところ、問題ありません。

私は、
今は フレンチバルブしか使わないし、
フレンチバルブは、
華奢な見た目と違って、
逆流することは構造的にあり得ないので、
恐らくは大丈夫でしょう。

逆止弁機能の無いポンプヘッドなんか
いくらでもありますしね。

外す時に指を直撃するタイプの
ポンプヘッドなら、間違い無くそれです。

ただ、
もし,最悪、
安物のポンプに付けた場合でも、
問題が無い様に設計された構造には
脱帽します。

なので、
問題が発生したら、ココに書きますし、
対策も直ぐに考えます。







↑このページのトップヘ