私を含めてかも知れませんが、
50歳過ぎた【自称マニア】が、

未だに間違った知識で、
エラソーに話をしていて、
自転車マニア以外の
専門的知識を持った人達から
嘲笑されている事象を何度も目にして、
それが昔から何も変わらないので、

何回かに分けて書きたいと思います。

先ず、
第1回目としてですが、

それは、2輪車でいうところの
ヘッドアングル (キャスター角)
と、フォークのオフセットの関係性です。

基本的に自転車業界では、
角度は、水平からの数値で示すので、

サスペンション機能が無いフォークだと、

ヘッドアングルは、
大抵は、71度から73度になりますが、

モーターサイクル(オートバイ)業界では、
垂直からの角度で表すし、
当然、自転車より安定性重視なのだから、
22度から30度になります。


自転車業界の表記なら、
立っていても68度、寝ていたら60度
ということです。
チョッパーにカスタムされた車体なら、
45度近いのを見たことある人も居るでしょう。

つまり、基本的に、
モーターサイクル(オートバイ)は、
MTBや、ママチャリよりキャスター角度が
寝ているということです。

4輪車になると、
キャスター角度より
キングピン角度の違いによるところも
大きいし、他にもキャンバー角とか
トーイン、トーアウトなど、
色々な要素が複雑に絡み合うので、
それを、全て説明するのは、
ここでは無理なので
今回は、あえて触れません。

因みに、
私は昭和43年生まれです。

この年代プラマイ10歳前後の人に限り、
ヘッドアングルとキャスター角について
間違った知識をひけらかす人が非常に多いから、この記事を書こうと思った次第です。

今の若い人からすれば
何をアホなこと言っとるの?
って、くらい、
馬鹿らしい話です。

具体的に言えば、

ヘッドアングルは立てる程にクイックになり、
フォークオフセットは短い程にクイックになるという物です。

ヘッドアングルを立てる程に
ハンドリングがクイックになる
と、いうのは、
間違いではありませんが。

実際には、
それを狙ってヘッドアングルを立てる程、
オフセットを
小さくせざるをえない】
というのが正解です。

実際にハンドリングの特性を決めるのは
一番大きな要素は、
【トレール量】なんですが、
そんな奴らに限って
トレールという言葉さえ知らないか
全く理解していません。

そのクセ、フォークの曲げ方が
あーだのこーだの、
ストレートフォークはダメだのと、  

現実的には、
殆ど体感出来ない程度のことを
【自分の美的感覚を自慢するだけ】
の為に、大袈裟に、
高尚な蘊蓄】を垂れます。

1970年代のサイスポでも、
同じフレームに、
フォークオフセットを短い物に替えると
クイックなハンドリングになると
完全に、
【真逆に間違った】ことを
書かれていました。

当時は競輪フレームには、
今と違って、全く寸法上の規定は無く、
ヘッドアングル75.5度で
シートアングル90度なんてのも存在しました。

ヘッドアングル74.5度以上になると、
オフセットは35mm以下にしないと
トレール量が確保出来ないから、
直進安定性は皆無になるので、
そうしていた訳です。

当時、ズノウのフレームが、
ロード用としては、
一番ヘッドアングルを立てていて、
フレームサイズが小さい物でも、
74度以上の物もありましたが、

それに、ランドナーやキャンピング車の
オフセット55m以上のフォークを付けたら、
フラフラして走れたものじゃ無かったし

極端な例では、
小径ホイールで、キャスター角が立っていると、オフセットは逆オフセットになり、
フォークが後ろ向きに曲がっていたのです。
当時のケルビムのドミフォンレーサーとかね。

それもトレール量を確保する為です。

実際には
ドミフォンレーサーは
オートバイの後ろにくっついて
超高速で走るのですから、
ハンドリングがクイックだったら
そもそも乗れる訳ありませんが、

それを、勘違いして、
高速域になる程オフセットが小さくなり、
オフセットを小さくする程に、
ハンドリングがクイックになると
間違えてしまったのです。
専門誌の記者でさえ。

しかも、それがサイスポの様な、
当時は唯一の専門誌の記者にも
浸透してしまったので、
未だに間違ったまま覚えている人が
50代には非常に多いのです。

私も、
当時は、自転車マニアの入口には
立っていたけど、
モーターサイクルにも興味が出て来た頃で、
ケニーロバーツとかスペンサーの様な
ダートラ出身のライダーの好みに合わせると、
キャスター角をメチャメチャ立てるので
【安定性も確保する為に】
オフセットはドンドン、
【短くせざるを得ない】
という、
当時のRIDERS CLUBの記事を見て、

【自転車業界は間違っている】
のでは無いかと、
疑問を持ち始めました。

今でこそ、サイクルスポーツ誌も
バイシクルクラブ誌も、
ヘッドアングルとオフセットについて
正しく書かれていますが、
ズーッと昔からモーターサイクル誌は
正しく書かれていたのに、

2000年くらいまで、
【日本の自転車専門誌】
【だけ】【だけ】【だけ】【だけ】
   だけは、
【真逆の間違ったこと】
   を、書いていたのです。

それを若い頃に見た人は
間違って覚えているのにも関わらず、
大人になって金に余裕が出来ると、
間違った知識のせいで、
自分の好みのハンドリングと真逆のフレームを、オーダーしてしまうという訳です。

フレームビルダーに指摘されて
 間違いに気付く人も居ましたが
フレームビルダーでさえ、
完全に数値で分かっている人は、
当時は少なかったのです。

それはそれで、自己責任なんですが、

かわいそうなのは
多くの女性を含む、
身長が160cm以下の人の身体に合わせた
小さいサイズのフレームの
ロードレーサーを買う場合です。

今は、カーボンフォークが普通で、
オフセットは43mmから45mmの物ばかりで
50mm以上の物はありません。

700Cホイールのロードレーサーで
身長が低い人に合わせると、
短いトップチューブ長でも、
フロントセンターを確保する為には、

シートアングルは76度近くまで立てて、
ヘッドアングルは71度以下まで
寝かせるしか無いのですが、
そうすると、オフセットが45mmの
フロントフォークでは合わないのです。
恐らく55mm位が適正で、
45mmでは直進安定性が強過ぎて

【バケツ1杯分 焼酎のロックを飲み倒した】
  【 山口達也氏】
     でも、

真っ直ぐに走れてしまう様な
鈍重なハンドリングになります。

そんな、モッサリしたのは、
ロードレーサーではありません。

他にも、自転車業界だけの
間違った常識が色々と横行していて
恥ずかしい限りですが、
それは、これから、(想い出したら)
色々書いて行きたいと思います。

因みに、
BiCYCLE CLUB誌 は、
創刊当時は、自転車専門誌というより
トライアスロン専門誌の様な印象でしたが、

機材に対しては、
メーカーに対して一切の忖度も無く、
非常に辛らつな評価を書いており、
その姿勢が、私は非常に好きでした。

それが一変したのは、

仲沢隆氏が、
BiCYCLE CLUBの【顔】になってからです。

それまで日本は勿論、

アメリカ人のチンピラ小僧くらいしか
使わなかった、

【ロードバイク】と、いう
スラング語】を使い始め、

当時の日本の自転車趣味人は
違和感を訴えていたのにも関わらず、

シツコク シツコク シツコク シツコク
シツコク、シツコク、シツコク、シツコク

【ロードバイク】【ロードバイク】
【ロードバイク】【ロードバイク】
【ロードバイク】【ロードバイク】

     と、

  蕁麻疹が出るくらいに、
【何年間も鬱陶しいくらいに連呼】
  して、

日本中に浸透させたのは仲沢氏です。

更に、

メーカーに媚びを売った提灯記事を書いて
貧乏編集部にも金が回る様にしたのも
仲沢氏です。

商売としては大成功でしょうがね。

私は今でも
【ロードバイク】という言葉を
意地でも絶対に使いません。

老害ジジイと言われるかも知れませんが、
バイクってのは日本では
モーターサイクルのことであり、

なんか【薄っぺらい業界人】
気取りみたいな感じがして、
コッ恥ずかしいからです。

柳原可奈子が演じる、ギャル店員が、
ズボンのことを、パンツって
言うのと似た感じです。

若い人には、この感覚は
分からないだろうなぁ。
























最近見かけなくなった物の中に、
リムコルクという物があります。
↓の 画像の物です。

DSC_0001~5

若い人は見たことも無いでしょうね。

コレは、
チューブラータイヤが主流だった、
1990年代中頃までは何処のプロショップでも、
普通に買えました。

マビックGP4等の両ハトメのリムに
チューブラータイヤを貼る時に、
接着面を増やす為に使う物ですが、
チューブラーを使っている人でも、
当時、
極く 一部のマニアにしか売れませんでした。

だから当然、
クリンチャータイヤが普及し始めた
2000年以降は、全く目にすることすら
無くなりました。

ですが私は、
これが無いと困るんです。

私自身、チューブラータイヤは、
(リムセメントの様な接着剤に頼る構造が
生理的に好きでは無いので。)
かなり前から使わなくなりましたが、

クリンチャー用アルミリムでも、

昔ながらのオープンプロとか、
アンブロッシオのエクセルライトとか、
現在普通に流通している
両ハトメのリムってありますよね?

それに、この、
【リムコルク】が、具合が良いのです。

何故かというと、
結論から言えば、
リムテープの寿命を延ばす為です。

チューブレスレディではなく、
最初から、【完全なチューブレス用のリム】
で、なければ、
ニップルホールを塞ぐ為に、
リムテープが必要ですよね?

そのリムテープも、
シマノやビットリアみたいに
【カッチカチ】に硬い物だとしても、
8barもの高圧を入れるのですから、
リムのニップルホールに、
徐々にリムテープがエア圧で押し込まれて
ベッコリ凹んでしまうので
良い状態は半年も保たないと思います。

それ以前に、裏側に何も支えが無く、
薄いリムテープの張力だけに頼って
穴を塞ぐという構造が、
私は生理的に我慢なりません。

そこで、
オープンプロの様な
【両ハトメのクリンチャーリム】なら、
リムテープを装着する前に、
このリムコルクを埋めておくのです。

そうすれば、
エア圧でリムテープが押し込まれて
凹んでしまうことは無くなり、
交換サイクルは大幅に延びます。
具体的には、
リムテープの樹脂が劣化してパリパリ割れる迄は大丈夫ですから、10年は保つでしょう。

こんなレアな物を【何処で】買ったのか?

それは、【名古屋のアノ店】です。
以前は2階で、
【 道楽でやってたオヤジさん】ですが、
今は直ぐ近くに、
本店と同じ店名に【+】を付けた、
マニアックな店を出しています。
というより、隠居部屋というか.....

80年代90年代の良き時代の
欧州製クロモリフレームが
数多く新品で置いて在りますし
古くさいブルックスとかイデアルとか
マイヨールとかが、ショーケース内に
ゴロゴロ転がっています。
90年代に流行った今は亡きブランドの
マニアックなチタンパーツも在ります。

ただし、親父さんは、
積極的に売る気はゼロですし、
通販なんて全くやる気も無いでしょう。
電話で問い合わせても、
自分自身で在庫を覚えていないし、
調べる気も無いでしょう。

だから、当然、
値札は付いていません。

実際に店に来て、気の合う人にだけ
安く譲るというだけなんです。
全然 気難しくはなく、
ニコニコして良い人ですが、
金儲けなんて全く興味無く、
商売っ気の欠片もありません。

このリムコルクも、
私が買った時に残りは1袋だけで、
親父さんは、
たまに入るとは言っていましたが、
さすがに、
アンブロッシオの絶盤品なのか、
あるいは現行品なら
どこが作ってるのか、どこから仕入れているのかなんて.....聞けませんよね。

72個入りを、私は1000円より、
遥かに安く買えましたが、
気に入らない客なら、
3000円かも知れません。

イヤ、売らないかも....

..........ちなみに、
両ハトメのクリンチャーリムなんて
今時、ほとんど無いだろ?
って思った貴方。

確かにそうですし、

カーボン製リムは勿論、
ハトメ無しや片ハトメなら、
今回紹介したリムコルクは使えませんが、

【ベロプラグ】っていう、
専用の樹脂製のメクラ蓋も売っています。
本来はリムテープの代わりに使う物ですが、
それを嵌めてからリムテープを付ければ、
それ以降は全く交換する必要はありません。

それは径の違いで赤と黄色がありますが、
バラ売りしてくれる店もあります。

DSC_0007
DSC_0006


それは、
キクちゃんという人がやっている、
ホイール系に強い店です。

シマノ純正11速スプロケの裏側を
1.85mm削って8~10速用フリーボディに
嵌まる様に加工した物を、最初に
売り出したことでも有名ですよね。

















最近は体力が落ちて来たこともあり、
交通量が少なく、景色の良い場所だけを
ノンビリと走りたいので
主に鉄道を利用して輪行する様になりました。

そこで、輪行袋へのパッキングですが、
やはり 老舗のオーストリッチ社で、
出来るだけコンパクトに畳める、
縦型を愛用しております。
横型では、ちょっと、前後長があり過ぎて
他の乗客に申し訳なく感じてしまうからです。

それで今回の本題ですが、

縦型は、
前後ホイールを外して収納するので、
最低でも、リヤのエンドとディレイラーを
保護する必要があり、
その為の色々なエンド保護小物は売ってますが、
完全に気に入る物が無いので、
少々手を加えて改良するという話です。

DSC_0004~2

これが、オーストリッチ社の
輪行袋に標準で付いて来る、
リヤエンド保護用金具です。
エンド幅130mmのロード用です。
最近のRDがロングケージなので
それに対応した新型の様で、
2ヶ所穴が空いており、
旧型に対して、地上高が
上側の穴で20mm、
下側の穴でも、6mm高くなっています。

DSC_0005~2

↑画像は、下側の穴で組んだところです。


それでは、一旦分解して、
各部品の寸法を実測します。 

DSC_0006~2
DSC_0009~2
DSC_0006~3

ほぼ【生のアルミパイプ】で、
一円玉の様な柔らかい材質で、

外径Φ12mm 内径9mm、
全長は128.18mmです。

    ↓  それを挟み込むアルミ板の構造体は

DSC_0004~3

厚み1.19mmのプレス打ち抜き板です。

なので、組み合わせると、
1.19×2+128.18=130.56
と、
リヤエンド内幅130mmのロード用よりも
わずかに広くなり、丁度良いのです。
わずかでも狭いとクイックを締める前に
滑り落ちてしまいますから。

しかし、

DSC_0005~3

内側のアルミパイプは、
外径Φ12mmで内径9mmなんですが、
外側のアルミ板に空いている穴は
Φ6mmです。
だからパイプは貫通せずアルミ板で
【挟み込む構造】で、
アルミ板内側にも何の引っ掛かりも無いので、
パイプだけが脱落してしまい易く、
しかも、
クイックリリースのシャフト径は
Φ5mmなので、パイプ内径Φ9mmに対して
遊びが大き過ぎてカタカタして、
上手く固定するのにはコツが必要ですし、

    何よりも一番の難点は、
【固定力が非常に弱い】のです。

これを何とか改善出来ないか?
と、思い付いたことを やってみました。

 先ずは、
【付属の128mmのパイプ】を使って
挟み込むのでは無く、
リヤハブの141mm中空シャフトを使って
アルミ板を貫通させ、
固定させるということです。

DSC_0005~4


↑の画像は、
2代目である【960XTR】の
チタン製中空リヤハブシャフトを
5mmカットして、
全長141mmにした物です。
(今は入手不可能)

それに、組み合わせるのは
↓コレです。

DSC_0007~3

ダイヤコンペのピスト用の
リヤハブのロックナットです。
別にシマノでも、三信でも
何でも良いのですが、
たまたまジャンクバーツで持ってました。

このピスト用のロックナットは
外径がΦ22mmもあり、
それが大きな意味を持つことは
後で気付きます。

これだけじゃ
ハブシャフトに固定出来ないので、
工具屋さんに行って、
M10-P1.0の細目ナットを買ってきて、
(ホームセンターでは並目しか買えません)

 ↓    (外形は旋盤でカッコ良く削りましたが)

DSC_0005~5


先ほどのロックナットと、締め合わせて
元々付属していたアルミパイプと同じ
128.18mm 幅に調整しました。

DSC_0004~4


DSC_0001~2

     それが通る様に、
     外側のアルミ板の穴を
↓  Φ10のドリルで拡大し、

DSC_0001~3

それを元通りの形に組み立てると、

DSC_0001~4

この様に、
ハブシャフトは、アルミ板を突き抜けて、
ロックナットで、ガッチリ受け止めます。

DSC_0002~3

DSC_0012~2


これにより
リヤエンドへの固定はいつも通りの
リヤホイールの脱着と同じ感覚で
劇的に簡単になりますし、
アルミ板を受け止める、ピスト車用の
このロックナットは Φ22mmもあるので、
普通のロード用ホイールの 
Φ19mm位のロックナットより、
遥かに接触面積が増え、
固定力はかなり強固になります。

Amazon等のクチコミで、
このエンド保護金具が低評価なのは、
輪行袋を床に立てた時に、
固定力が弱過ぎてグルっと回ってしまい、
酷い場合は、それでディレイラーを破損した
とか、いうものですが、
Φ9mmの、柔らかいペラペラのアルミパイプを挟み込む構造なのだから無理もありません。

今回のこの記事の様に改良すれば、
そんな心配は完全に無くなりますし、
ダブルナット式の締め合わせなので、
幅は如何様にも無段階で調整出来ます。

しかも
普通の中空リヤハブシャフトは、
内径が5.3mm~5.4mmくらいなので、
Φ5mmのクイックシャフトを通しても
隙間が少なく、ガタガタしないので
イライラせず、素早く確実に固定出来ます。

今回は、
入手困難なチタン製シャフトを
使っていますが、

【軽量性を問わなければ】

そこら辺に転がっている古いハブをバラし
エンド幅130mm用の、
スチール製で M10で、全長141mmの、
リヤハブシャフトを使えば良いだけですし、

ハブシャフト単体でも、
玉押し、ロックナットが組み込まれた、
【軸組み】という物も、
Amazon等で容易に安価で入手出来ますから
それを買えば、それだけで完結し、
他に何も買う必要は無く
何の苦労も有りません。

外側のアルミ板の穴を、Φ6からΦ10に、
ドリルで拡大するだけで終わりです。
勿論、手を切らない様に、
バリやカエリは取って下さいね。

ちなみに、私も含めてですが、

1g単位の軽量化に拘る人程、
ツーリング中の財布には
百円玉やら十円玉やら、
パンパンに詰まってますし、
ダウンチューブのボトルケージにも
シートチューブのボトルケージにも
500ml以上のお茶が
刺さっていますがね。
それだけで1kg超えるだろっての(笑)














↑このページのトップヘ