私が15年ほど愛用しているのが
↓の画像のフロアポンプです。

DSC_0001

【既に廃盤】となっていますが、
    TNI 社の、
【ハイプレッシャーフロアポンプ】
と、いう物です。

今はモデルチェンジした
【ハイポリッシュフロアポンプ】

というのが、メーカー公式での
後継機種とのことです、

ポンプヘッド(口金)は
自転車趣味人なら必需品とも言える
【ヒラメ】の縦型に交換しています。

今回の記事は、
このポンプのホースを若干長くしたいのと
↑のヒラメ縦型口金とホースの接続部の
見た目を格好良くしたい
 と、いう趣旨です。

その前に、このポンプ本体の性能が
非常に素晴らしいのでチョットだけ書きます。

当時5千円くらいで購入したのですが、
全く壊れる気配すらありません。
恐るべきコスパです。

土台のプラスチックの足踏み部が、
経年劣化で割れさえしなければ、
一生物と言っても過言では無いでしょう。

自社工場を持たないTNI社ですから、
製造はGIYOというメーカーの
OEM品だということらしいです。

DSC_0002

コレが、非常に優れ物でして、
メーターは18bar(気圧)まで刻まれていますが、
実際にビットリアの
ピスト用チューブラーに14bar入れた時でも、
大して苦労はしませんでしたし、
ロードレーサーの6.5bar~8bar程度なら、
友人の娘さんの,
身長150cmくらいの中学1年生の女の子でも、
【楽々】とまでは言いませんが、
そんなに頑張らなくても普通に入れられます。
つまり、
押し下げる時の反力が小さくて
スコスコ入るということです。

それは、
シリンダー径が細いからなのですが、
その割りには、1回1回の空気吐出量も多く、

継ぎ足しで6.5barから7.5barに上げる程度
なら、5ストロークもせずに完了します。

更に素晴らしいのが、
エアゲージの正確さです。

足元に設置されているので、
老眼のオヤジには
ポンピング時に数字は見えませんが、
メーター外周部にリングがあり、
それを回すことで赤い矢印を好きな数値上に
設定出来るので、
その赤い矢印に針が合うまで入れれば良いだけですから、
数字が見えなくても問題無いし、

何より凄いのは、

大抵のフロアポンプだと、
【ヒラメの口金を付けていた】としても、

ポンプ側のメーター読みで8bar入れて、
その後に単体のエアゲージで測ると、
大抵は6.8bar~7.3barと
1barくらいは低く表示されるのに、

このポンプのゲージ読みで8bar入れた後に、
単体ゲージで測っても、
7.7~7.9barくらいを指し、
単体ゲージと ほとんど変わりません。

ただし、
繰り返しますが、コレは、
ヒラメのポンプヘッドに交換した後の話です。

つまり、
ポンプ側のゲージ部に架かる実測値では無く、
ゲージ部からホースを通りバルブを通過し、
チューブ内に到達するまでの圧力損失と、
バルブから口金を外す時に一瞬だけ漏れる分の損失までも考慮し、
実際にチューブ内に入ったであろう圧力を
見込んだ】
メーター表示になっているということです。

このゲージの正確さだけでも、
単体ゲージが不要になることを考えると
他のポンプは使う気になりません。

もう一つ素晴らしいのは、
内部を分解して感心したのですが、
壊れようが無い非常にシンプルな造りだし、
ピストンのパッキンが、
専用のゴムシールとか、
旧シリカの様な革製ではなく、

普通に市販されている
規格品のOリングであることです。
【P22A】 という、一般的な規格で、
チョットしたホームセンターなら
まず置いてありますし、
勿論、Amazon や MonotaRO でも買えます。

値段は、
MonotaROで、

1本が、【49円】でした。

だから、他に何かを買う時に、
一緒にまとめて買わないと、
当然、送料の方が高くなります。

分解時も、全く傷んではいませんでしたが、
念の為に2年前に交換しています。
良質のシリコングリスをタップリ塗って。

規格品のOリングですから、
今後も何時でも容易に入手出来ます。
つまりは、
パッキン交換することで、
半永久的に使えるということです。

他にこんな性能の良いポンプは、
ポンピングの軽さとエアゲージの正確さだけなら、
今は売ってるのか知りませんが
SKSのレンコンプレッサーくらいですかね。
値段はコレの3倍くらいした覚えがありますが。

尚、
最初に書いた通り、

このポンプの、TNIの後継機種は、

【ハイポリッシュフロアポンプ】
と、いう、ピカピカにバフ掛けされた物が
現行製品として売っていますが、
構造と性能まで引き継がれているかは
知りません。

シリンダーは見た目は同じみたいですが、
土台部分が大きく形が変わっているし、
何より、使っている人が周りに居ないので..........

ネット上では楽々13bar入ったなんてレビューも多いですから、
恐らくはデザインを変えただけだとは思いますがね。

因みに、純正の口金(ポンプヘッド)は、
買った日に、即 取っ払い、

DSC_0004

↑の、ヒラメ縦型に交換しています。

【悪評高き】 このポンプ付属の純正口金は、
外す時にブシューと盛大に空気が漏れる上、
跳ね返ったレバーが指を直撃して
かなり痛いらしいのですが、

それが本当なら、せっかくの正確な
ポンプ本体に付いているエアゲージも、
全く意味が無くなってしまいますね。

一度も使わずにゴミ箱に棄てた私には
関係の無い話ではありますが。

↑画像のヒラメの口金は、
その前に10年ほど使っていた、
旧シリカのピスタに付けていたのを移植した物でして、
パッキンを何度か交換しながら、

恐らくは25年くらいは使っています。
(古いモデルなので接続部のパイプが
真鍮地剥き出しの色です。)

私は一応、横型も持っていますが、
横型は工具箱の奥に永年眠っています。

ディスクホイールに使うのでなければ、
私的には ですが、
【上から下に親指を下ろす】
という、自然な動作の
縦型の方が圧倒的に使いやすいからです。

今回の本題のホース交換(延長)についてですが、

TNIポンプの純正のホースでも、
ゴムホース部分だけで950mmあるので、
フロアポンプの中では、結構長い方だとは
思うのですが、
友人達と私の自宅前で待ち合わせして
ツーリングに行く時など、
いつも数台の自転車に空気を入れる時に、
フロアポンプのホースが、
あと数10ミリ長ければ楽なんだがなぁ
と、思っていたのと、

ヒラメ縦型は【性能的】には
完全に満足してはいますが、
数点だけ気に入らないことがあるので
改良したかったからです。

DSC_0004~2

↑  先ず、それはコノ部分です。

まぁ、
年月も経って汚ならしいのもありますが、
コノ、
イカツイ形のホースバンドで締めるという
方式が気に入らないし、
ホースバンドから口金までの距離が
無駄に長いのも気に入りません。
たまに指に当たって、
痛くは無いものの、鬱陶しいですし。

もうチョッと、
【シュッとした格好良い接続方法】
は、無いのか?

そこで、↓こんなのを買ってみました。

DSC_0005


DSC_0006

AN4規格のナイロンメッシュホースと、
アルミのフィッティングです。
(画像のホースは2m買って、ホース交換に
使って余った切れ端ですが)

因みに、
ステンメッシュホースにしなかったのは、
固過ぎて曲げ半径が50ミリ以上になってしまうのと、表層にステンレスメッシュが剥き出しなので、
誤って自転車フレームの塗装に傷を付けてしまう恐れがあるからです。

今回買ったナイロンメッシュホースでも、
内側に1層だけステンレスメッシュ層があり、
耐圧性は、本来は油圧ブレーキ用なので、
エア圧用には超絶オーバースペックだし、
曲げ半径が25mmで
純正ゴムホースの15mmよりは固いものの、
そこまでキツいRで曲げて使うことなど
有り得ないので、

それが問題になることは無いと思ったからです。

そもそも、
液体では無く、圧縮すれば縮む空気なので、
10気圧以下程度の領域であれぱ、
安物のフロアポンプのゴムホースでも
ホースの膨張なんか全く起こりませんが、
【見た目の格好良さ】の為だけに、
ナイロンメッシュホースにした訳です。

赤と青のアルマイトが格好良い
アルミのフィッティングは、
アールズとか、ランマックスの
格好だけ真似した
【中国製のバッタ物】
を、アマゾンで250円で購入しました。

フロアポンプに使うのだから、
壊れたとしても、
命に関わる部品では無いので..........

DSC_0017

こうした部品のネジは、
AN規格というものらしいのですが、

マイクロメーターとピッチゲージで
測った結果、

赤い部品の雄ネジと雌ネジは、

【3/8-32UNF】  で、

青いナット部分の雌ねじは、
【7/16-20UNF】  です。
ネットで調べると、そのネジ規格は、
本家本元と同じということです。

ホースに取り付けると、
↓こうなります。

DSC_0021

ほほう!
なかなか格好良いじゃないですか!

後はこれをヒラメの口金に接続する方法ですが、

DSC_0007

↑今回は勉強の為と、
分解時にブッ壊してしまって
元通りに組み付けられない可能性も考えて、
新しく【ヒラメ縦型】を購入し、
ほぼほぼ、完全に分解してみました。
【開閉レバーだけは今回は抜いてませんが】

そこで今回のキモになったのが、
↓の部分で分解に非常に苦労しました。

DSC_0008

↑この様に、
薄型の二面幅7mmのスパナを架けて
緩めようとしても、
ガッチガチに固まっていて、
部品側のスパナ架けのスリットが舐めるか
スパナの口が開いてしまうかの
どちらかの様な感じで、
外せる感じが全くしません。

一般ユーザーがコレを外すことは
普通は考えられないでしょう。
逆に簡単に外れては困るし、
二度と外すことが無いから、
【最高強度のネジロック剤】が、
使われているのでしょう。

しかし、
そんな場合でも簡単に外せる可能性があります。
それは、加熱することです。

今回、実際にやったのは、
予熱したオープントースターに入れ
230度で5分回しただけです。

勿論、Oリングやパッキン等の
熱に弱い部品は全て外してからですよ。

コレでネジロック剤は強度レベルに関係無く
【完全に死にます】
ポロポロと白い粉状になります。

触れるまで冷ましてからスパナを回すと、
呆気なく 簡単にゆるみました。

ポロポロになったネジロック剤を
キレイに掃除したのが
↓です。

DSC_0010

↑の真ん中の部品はステンレス製の様で

両側にM8-P0.75のネジが切られています。

(チェーンリングをクランクアームに留める
ボルトと同じ規格の細目ネジです)

それがネジ込まれる
左側の真鍮製の部品は
本体内部のピストン部分です。

つまり
この左側のピストン部分の M8-P0.75 と、
ホース端部フィッティングの 7/16-20UNF を
何らかのアダプターを介して
接続すれば良い訳ですが、

そんな物は、
当然、この世に存在しません。

と、いう訳で作ってみました。

DSC_0018

M8-P0.75 と 7/16-20UNFの
接続アダプターです。

あまり意味はありませんが、
14mmスパナでも10mmスパナでも
回せる様に作ってみました。

材質は、SUS316Lという物で、
一般的に流通しているSUS304より
チョット高級な物です。

蛇足ですが、
SUS304は、食器業界では、
普通に スプーンやフォークに使われる、
18-8ステンレスのことです。

鉄に、クロムが18%、ニッケルが8%
添加されています。
磁性は、ほぼ有りませんが
加工硬化で僅かに出ることもあります。
のむラボさんがコキ下ろしている
星の、ステンレススポークがコレです。

SUS316は、高級食器で18-12とも言われ、
ニッケルが12%まで多くなり、
その分、腐食には非常に強くなり
海洋施設にも使われています。
磁性は完全に有りません。

まあまあ良い形に削れましたが、
ステンレス地肌が派手派手に光り過ぎなので、
ガスコンロで焼き色を付けてみました。

DSC_0022

アレ?

もっと青っぽくチタンマフラーみたいな
焼き色が付くと思ってやったのですが、
なんだか汚ならしくなってしまいました。
画像より実物はもうチョイ青っぽいのですが、蛍光灯の下で撮影した画像は
ウンコの様な汚い色に見えますね(笑)

まあ良いか、
コンパウンドで磨けば元の銀色に戻るし。

とりあえず、ポンプヘッドに繋げてみました。

DSC_0018 (1)

う~ん、なかなか格好良いですなぁ。

古い方と並べてみると、

DSC_0017 (1)

かなりイケてるんじゃないでしょうかね?

機能的にも、ホースバンドが掌に当たることも無くなりましたし。

後は、ポンプ本体の足元に接続するだけですが、元々のホース端部の固定具が使えるのでしょうか?多分無理でしょうが
一応外して確認してみます。

DSC_0020 (1)

DSC_0023

案の定、
再利用不可能な柔らかい樹脂製で、
引っこ抜いたら、ホース内に差し込むカエシ部分が千切れてしまいました。

しかし、
ゲージ側にネジ込む部分のネジ規格は、
M8-P1.25(並目)だと分かったので、
接続するニップルを作りました。
材質は同じSUS316Lです。

DSC_0020

これは、私が嫌いな、
見た目がダサいホースバンドで締める方式ですが、どうせ見えないところだし
二度と触ることも無いので妥協しました。

DSC_0024

  ↓それでは完成形ですが、

DSC_0025

1718e58e~2


我ながら、なかなかの出来映えです。
誰も褒めてくれないので自画自賛です。

実際に空気を入れてみましたが、
ポンプ本来の性能も
改造前と何ら変わりません。

.....しかし..........

1.5mまで長くしたのは、やり過ぎでした。
純正ホースより固くて曲げ難いこともあり、
取り回しが 鬱陶しいくらいです。
1.2mくらいにしておけば良かった。

勿論、
チョッと切って繋ぎ直せば良いだけですが、
ホース端部にニップルをカチ込むのが
非常に固く、結構な体力を使うので、
当分の間はやりたくありません。

因みに 
トピークのJoeblow Twin Turboというモデルが、ホース単体で【1.28m】で、
それが市販品では最長らしいのですが、
何種類もの長さでテストを繰り返して

それより、ほんのわずかでも長いと
非常に使い難いというのを
突き詰めた結果なんでしょうね。

長い方が便利ではあるが、
長過ぎたら使い難いという..........

長い分には困りゃしないだろうという
軽い考えで必要以上に長くした
今回の私の改造は、

正に、

過ぎたるは及ばざるが如し。(笑)











会社の上司である
コルナゴ乗りの爺さん(62歳)が、
面倒臭いことを頼んで来ました。

それは、暇な時で良いから
昼休みにでも、
リヤハブの中空ハブシャフトを
【64チタン】で作ってくれ
と、いうものです。

結論から言えば、
仕方無く作ったのですが、
色々大変でしたが、
技術的には勉強にもなりました。

そのハブシャフトは
↓画像の物です。

三本写っていますが、
一番下が、完成した依頼品で、
一番上と真ん中は、試作を兼ねた私用です。

DSC_0006~2

その人は、コルナゴ アラベスクに
74デュラを付けていますが、
何故だか74デュラより新しいコンポに替えるのを、未だに頑なに拒んでいます。

今回も、
こんな面倒なことしなくても、
8速のままで使うなら、
【オチョコ量が増えた9000デュラのハブ】
じゃ無く、

今ならギリギリ何とか
新品で入手出来る可能性が高い、
2世代前】の、
7900デュラのハブに替えれば
圧倒的に軽くなるし、
アルミ製の大径シャフトで
剛性もかなり高くなるから、
そうした方が遥かに良いよ。
と、アドバイスはしたのですが、

【外観の見た目がイヤ】なんだそうです。

全長141mmのシャフトが、
端から端まで一体になっていない構造も、
生理的にイヤなんだそうです。
【それは私も同感です】

今回の趣旨からは話はズレますが、

BBも、軸長が自由に選べる
四角テーパーしかイヤなんだそうです。
【それも半分くらいは共感します】

因みに、この爺さん、

90年代に乱立した、
サードパーティー製の
チタンパーツに憧れていた年代でもあって、
ワイヤーを止めるキャップボルトとか
ステムの引き上げボルトとか、
ボトルケージ固定ネジ等、
市販品で交換出来るところは殆どが、
既に、チタン製に換装されています。

チタン製中空ハブシャフトは、
1990年代初め頃には、
SRP社とTNT社が作っていましたが、
今は両社とも潰れて在りませんし、
当時も、
よほどマニアックな店しか置いてなかったので、入手出来なかったのでしょう。

裏技ですが、シマノ純正のリペアパーツで
M960XTRの中空チタンシャフトを買い、
5mm詰めて使えば良いと、
教えてあげた時には、
既に入手不可能になっていましたし.....。

私も、面倒なのが一番の理由ですが、
上手く作れるか自信が無かったので、
色々と、諦める様に説得したのですが、

顔を見る度に、
【失敗しても良いから】
と、何度も、いつまでもシツコイので、

試作品を含めた材料費5千円と
加工賃5千円で、

【総額1万円で 1本だけ】
     で、良ければ、
【暇な時に作ったるわ。】
【出来た時が納期で一切催促無し】

     と、いう、

完全なる【お断り見積り】を
口にしたのですが、諦めるどころか、

その場で、ポンッと1万円札を出されたので
やらざるを得なくなったという訳です

全くもって、【面倒クセエ 爺さん】です。

Φ10mmの64チタン丸棒は、
【(株)オーファ】さんで、
450mmを、4700円で買いました。
450mmも買ったのは、
試作が必要だし、試作品が上手く出来たら
私用に使えるからです。

手本にしたのは
↓です。

DSC_0005~4

これは、
2代目のXTRである、
【M960XTR】の、
チタン製中空ハブシャフトを
5mm詰めて141mmにした物です。

DSC_0013~2

ネジが切ってあるところより、
【真ん中のネジが切ってない所の方が細い】    ことが分かると思いますし、
画像では光の反射で解り難いですが、
良く見ると、ネジが切ってない部分に
縦に縫い目が走っています。
つまり、丸棒に穴を開けた物とか、
引き抜きでパイプ形状にしたわけではなく、
恐らくは、板材を丸めて電気的に熔接した、
【電縫管】だろうし、
ネジ山は切削では無く
【転造加工】だろうと思われます。

DSC_0004~5

ネジの切ってない
【中心部分の外径】は
Φ9.26mmです。
それを転造ダイスに通すと、
【肉が盛り上がって】、
M10のネジ山が出来る訳です。
実測すると、ネジ山の頂点の径は、
↓   9.88mmくらいです。

DSC_0002~4

次に、内径を測ってみましょう。

DSC_0009~3

Φ5.42mmです。
試しにΦ5.4のロングドリルを刺すと、
僅かに抵抗を感じますが貫通します。

DSC_0010~2

重量は【27.3g】です。

↓の、FH7700の純正の中空鉄シャフト
            (FH7400と共通品) が、
          【48.7g】なので、

DSC_0008~2

27.3÷48.7=0.5606  
と、なり、

チタンの比重は鉄の約56%ですから、
肉厚も、ほぼ7700デュラ純正の
鉄製の物と同じだと分かります。

さて、
ココからが本題の、
自作のチタンハブシャフトです。

DSC_0011~2

製作途中の画像は、
訳あって撮影出来ませんので、
いきなり完成品の画像ですが、

材料は、6AL4Vチタンの
Φ10mmの丸棒の磨き材です。
厳密に測ると、Φ9.974mmです。

これに貫通穴を開けるのですが、
一般的なクイックリリースのシャフトは、
Φ5mmなので、
実測外径は、Φ4.83mm~4.90mm
くらいです。

更に言うと、
チタン製の軽量クイックなんかだと、
Φ4.4mm位の丸棒に転造ネジでM5のネジを
立てていますから、

貫通穴はΦ5.0のドリルで開ければ、
充分だろうということです。

DSC_0010~2

↑ 実際にΦ5.0のハイスドリルで
  貫通させましたが、
【画像の通り実測5.008mm】

これは、
【非常に怖い作業】でした。

金属加工をやる人なら分かるでしょうが、
64チタンというのは、
粘っこい純チタンより多少はマシですが、
熱伝導が悪く、刃先が過熱してしまい、
ドリルが焼き付いたり折れたりし易いのです。

しかも、
Φ5.0で 141mmも貫通させるのですから、
かなり厄介な仕事です。

ガンドリルで、小径深穴加工専用の、
ドリル側もワーク側も両方とも回転する機種なら、機械任せで簡単に開くのですが、
そんな物は身近には無いので、
普通のNC旋盤で開けました。

つまり、ドリルは固定で回転せず、
ワーク側だけが回転するという、
ごく普通の やり方です。

具体的には、
141mmを片側から貫通させると
ドリルが流れてしまい、出口側で肉厚が均等にならないので、両側から短いドリルで開けて、真ん中で繋がる様に開けました。

切削条件に関しては、
チタン加工に慣れている人には
笑われるかも知れませんが、

とにかく、熱を保たない用に、
水溶性切削液を強く吹き掛け、
ステップを細かく入れて焼き付きを防ぎ、
片側だけで10分、両側で20分も掛けて何とか貫通させました。

そして、
両端にネジ切りチップでネジを切り、
完成したのが、
一番上に載せた画像の3本です。

切削加工でのネジ切りは、
転造ネジよりは強度は下がるのですが、
クイックの通る貫通穴の内径を小さくして、
肉厚を確保しているし、
ネジ切りチップも、
本来はネジのピッチが1.0だと
先端は【0.1R】のチップを使うのですが、
あえて、ピッチ1.5mmから2.5mm用の
先端が【0.2R】の物を使って、
ネジ山の谷部分での折損防いでいます。
材料も、
ネット上に氾濫している
【Aliexpressで買える様な】
不純物だらけで、
突然ポッキリ折れてしまう様な、
得体の知れないチタンでは無く、

(株)オーファさんで買った
医療用の【ASTM  F136/ELI材】

という、厳しい規格に通った、
不純物の無い高品質な物ですから、
M960XTRのチタンシャフトよりも
遥かに強度は高いと思いますが、

万が一、億が一、
走行中に折れてケガをした場合を考えて、
【観賞用にしか使わない】
と、
一筆書いて貰ってから渡しています。

↓重量を測ると

DSC_0009~2

実測で、【32.6g】です。

7700デュラ純正の
鉄製中空シャフトよりは遥かに軽いものの、
M960XTRのチタン製の純正品より、
【5.3g】も重くなりました。
外径も太く、内径も細いのですから、
肉厚が厚くなるので当然ではありますがね。

ですから、
軽量化の為  と、いうよりも、
【64チタン製のワンオフ品】
と、いうだけの価値です。

普通の人なら、タダでも要らないでしょう。

でも、まぁ、
うるさい爺さんにも喜んで貰えたし、
私用に2本も、
ストック品が出来たので、良しとしますか。

チタン材に安物ハイスドリルでも、
加工条件次第では
深い穴が開けられることも解りましたし。




最近は体力が落ちて来たこともあり、
交通量が少なく、景色の良い場所だけを
ノンビリと走りたいので

主に鉄道を利用して輪行する様になりました。

そこで、輪行袋へのパッキングですが、
やはり 老舗のオーストリッチ社で、
出来るだけコンパクトに畳める、
縦型を愛用しております。
横型では、違法であるとか無いとか以前に、  
ちょっと、前後長があり過ぎて
他の乗客に申し訳なく感じてしまうからです。

それで今回の本題ですが、

縦型は、
前後とも ホイールを外して収納するので、
最低でも、リヤのエンドとディレイラーを
保護する必要があり、
その為の色々なエンド保護小物は売ってますが、
完全に気に入る物が無いので、
少々手を加えて改良するという話です。

DSC_0004~2

これが、オーストリッチ社の
輪行袋に標準で付いて来る、
リヤエンド保護用金具です。
エンド幅130mmのロード用です。
最近のRDがロングケージなので
それに対応した新型の様で、
2ヶ所穴が空いており、
旧型に対して、地上高が
上側の穴で20mm、
下側の穴でも、6mm高くなっています。

DSC_0005~2

↑画像は、下側の穴で組んだところです。


それでは、一旦分解して、
各部品の寸法を実測します。 

DSC_0006~2
DSC_0009~2
DSC_0006~3


ほぼ【生のアルミパイプ】で、
一円玉の様な柔らかい材質で、

外径Φ12mm 内径9mm、
全長は128.18mmです。

    ↓  それを挟み込むアルミ板の構造体は

DSC_0004~3


厚み1.19mmのプレス打ち抜き板です。

なので、組み合わせると、

128.18 + 2(1.19) = 130.56
と、
リヤエンド内幅130mmのロード用よりも
わずかに広くなり、丁度良いのでしょう。
わずかでも狭いとクイックを締める前に
滑り落ちてしまいますから。

しかし、

DSC_0005~3


外側のアルミ板に空いている穴は
Φ6mmです。
だから、
外径Φ12mmのパイプは貫通せず、
アルミ板で【挟み込む構造】で、
アルミ板内側にも何の引っ掛かりも無いので、
パイプだけが脱落してしまい易く、
しかも、
クイックリリースのシャフト径は
Φ5mmなので、パイプ内径Φ9mmに対して
遊びが大き過ぎてカタカタして、

上手く固定するのにはコツが必要ですし、

    何よりも一番の難点は、
【固定力が非常に弱い】のです。


Amazon等のクチコミで、
このエンド保護金具が低評価なのは、
輪行袋を床に立てた時に、
固定力が弱過ぎてグルっと回ってしまい、
酷い場合は、それでディレイラーを破損した
とか、いうものですが、
外径がΦ12mmで肉厚が1.5mmしか無く、
材質が柔らかい、
ペラペラのアルミパイプを挟み込む構造なのだから無理もありません。

これを何とか改善出来ないか?
と、思い付いたことを やってみました。

 先ずは、
【付属の128mmのパイプ】を使って
挟み込むのでは無く、
リヤハブ用の、
141mm中空シャフトを使って
アルミ板を貫通させ、
固定させるということです。

DSC_0005~4



↑の画像は、
2代目である【960XTR】の
チタン製中空リヤハブシャフトを
5mmカットして、
全長141mmにした物です。
(今は入手不可能)

それに、組み合わせるのは
↓コレです。

DSC_0007~3


ダイヤコンペのピスト用の
リヤハブのロックナットです。
別にシマノでも、三信でも
何でも良いのですが、

たまたまジャンクバーツで持ってました。

このピスト用のロックナットは
外径がΦ22mmもあり、
ロード用ハブのロックナットのΦ19mmより
遥かに大きいのですが、
それが大きな意味を持つことは
後で気付きます。

これだけじゃ
ハブシャフトに固定出来ないので、
工具屋さんに行って、
M10-P1.0の細目ナットを買ってきて、
(ホームセンターでは並目しか買えません)

 ↓    (外形は旋盤でカッコ良く削りましたが)

DSC_0005~5



先ほどのロックナットと、締め合わせて
元々付属していたアルミパイプと同じ
128.18mm 幅に調整しました。

DSC_0004~4



DSC_0001~2

     それが通る様に、
     外側のアルミ板の穴を
↓  Φ10のドリルで拡大し、

DSC_0001~3


それを元通りの形に組み立てると、

DSC_0001~4


この様に、
ハブシャフトは、アルミ板を突き抜けて、

ロックナットで、ガッチリ受け止めます。

DSC_0002~3

DSC_0012~2



これにより
リヤエンドへの固定はいつも通りの
リヤホイールの脱着と同じ感覚で
劇的に簡単になりますし、
アルミ板を受け止める、ピスト車用の
このロックナットは Φ22mmもあるので、
普通のロード用ホイールの 
Φ19mm位のロックナットより、
遥かに接触面積が増え、
固定力はかなり強固になります。

しかも
普通の中空リヤハブシャフトは、
内径が5.3mm~5.4mmくらいなので、
Φ5mmのクイックシャフトを通しても
隙間が少なく、ガタガタしないので
イライラせず、素早く確実に固定出来ます。

今回は、
入手困難なチタン製シャフトを
使っていますが、

【軽量性を問わなければ】

そこら辺に転がっている古いハブをバラし
エンド幅130mm用の、
スチール製で M10で、全長141mmの、
リヤハブシャフトを使えば良いだけですし、

ハブシャフト単体でも、
玉押し、ロックナットが組み込まれた、
【軸組み】という物も、
Amazon等で容易に安価で入手出来ますから
それを買えば、それだけで完結し、
他に何も買う必要は無く
何の苦労も有りません。

外側のアルミ板の穴を、Φ6からΦ10に、
ドリルで拡大するだけで終わりです。
勿論、手を切らない様に、
バリやカエリは取って下さいね。


ちなみに、私も含めてですが、

1g単位の軽量化に拘る人程、
ツーリング中の財布には
百円玉やら十円玉やら、
パンパンに詰まってますし、
ダウンチューブのボトルケージにも
シートチューブのボトルケージにも
500ml以上のお茶が
刺さっていますがね。
それだけで1kg超えるだろっての(笑)













↑このページのトップヘ