前回の記事でエンド幅修正治具を
お見せしましたが、実は既にママチャリには施工しており、それをココに載せるつもりでしたが、フォトアプリを弄っていて、何を間違えたか施工途中の写真を消去してしまいました。
これだからアナログ親父とバカにされるんですよね。

と、いう訳で今回は、
私のポタリング用小径車の
フォークエンド幅を修正してみたいと
思います。

イメージ 1


2008年式KHS F20-R です。

フレームのアメリカ国旗の上から
旭日旗を貼っているのは
単なるファッションで、
私の思想を現している訳ではありません。

これを買ってから、かなりの年月が経ちますが、フレーム以外は全てパーツ交換しています。
メインコンポは黒いクランクも含めて
7700デュラです。
(溶接構造中空クランクだから、カラーアルマイトが非常に難しかった。)

ホイールが小径な分だけ
当然ギヤ比は上げてあり、

トップは、58T×11Tにしていて、

以前 お見せした
デローザのトップ53T×14Tと、
脚1回転で進む距離を合わせてあります。

自作部品も多いし、
カラーアルマイトを多用しています。
速さの為の改造というより
盆栽的に弄くり回して悦に入る為の
変態自転車です。

この自転車の唯一の気に入らないところは、フロントフォークのエンド内幅が
102mm近く、
【脱落防止の爪を削り落とした】
にも関わらず、
ホイール装着時にクイックのハウジングナットを回して、大幅に拡げる必要があることです。

だから、
これのエンド幅を100mmに修正したいので、治具を作ったのです。

イメージ 2


ホイールを外して実測します。
101.73mmと
かなり広いのが分かります。

ついでに作った100mmのゲージです。
画像では分かりやすくデジタルノギスで
測っていますが、
実際には、
ミツトヨのマイクロメーターで測ると、
100.006mm でした。

イメージ 3

イメージ 4


片側に合わせると反対側はこれだけ隙間が出来ます。

さて、それでは、
治具を取り付けて修正して行きます。

イメージ 5

ピンぼけでスイマセンが
両側エンドに修正治具を
【ガッチリ固定します】
 こうすることでエンドの平行が大きく狂うことを防ぎます。

そこからは、
徐々に真ん中のターンバックルを回して治具を狭めて行きます。

少しずつ回しては治具を外してエンド幅の変化を見ますが、
【全く変わりません。】

イメージ 6

ついには完全に締め切って85mmにしましたが、治具を外して測定した結果は、
【全く変化ありません。】
ガックリ........ 。

ママチャリのフロントフォークの時は、
施工前は103.2mmもあったのに、
87mmまで狭めて外したら、
99.8mmになってくれて、
アッサリ成功したのになぁ...... 。

うーん、材質がアルミだし、
何よりも小径車だから、フォークブレードが短いのがダメな理由みたいです。
ターンバックルを回す時の手応えも
ママチャリの時より遥かに固い感じです。(感覚的には3倍以上硬く感じる)

85mmまでしか狭められない治具では
これ以上はどうにもなりません。

という訳で、また義弟の会社に行き、
NC旋盤で治具を作り直しました。
単品画像は撮り忘れましたが、
前回より10mm余分に、
75mmまで狭められる様にしました。

KHSのフォークは非常にしぶとく、
78mmまで狭めてもほとんど変化無しでした。

そしてやけくそになり、
新しい治具の限界である75mmまで狭めてみて、

イメージ 7

それから治具を外します。
さて結果は?

イメージ 8


おぉっと!いきなり99.5mmです。

若干、狭め過ぎになりましたが、
フォークエンドの下端には
大きなRが付いているので、
このままでもスコンと嵌まりますし、
クイックの操作のみで良く、

【ナットを回す動作】
は、全く必要無くなりました。
(つまりレバーを倒し込むだけで良い)

一度狭めた物を広げるのだけは、
絶対にやってはなりませんしね。

それにしても、
金属のスプリングバック量は
特にパイプ状の物は、
本当に読めないですね。

日東ハンドルのアルミハンドルを曲げている人とか、ヨシムラの手曲げマフラーを作っている人なんかは、
もし前回の私の記事を見たら、
「そんなんじゃ全然足りねぇよ」
って思ったかも知れませんね。

金属を削る仕事は永年やってるんですが、
曲げたり絞ったりする仕事が
未だに職人の経験に頼っているのは
カンが物をいうからなんでしょうね。

なお、

今回の記事は真似をしないで下さい。
後で見たら、
フォーククラウン(肩)の塗装に
薄っすらとクラックが入っていました。
【ショック!】

この頃のKHSは、
今で言う、キャンディ塗装とか、
昔の自転車マニアに分かる様に言うと
フランボヤン塗装という物で、
金属地にプラサフまでは
ソリッド塗装と変わりませんが、
その上に目の荒いシルバーフレークを吹いてからクリヤーレッドを吹いています。
更にデカールを貼って、最終的にクリヤーを厚塗りしてデカールを閉じ込めています。

だから普通のメタリック色より遥かに
塗膜が厚いので割れたのでしょう。

手応え的には、
フォークのアルミ地にはクラックは入っていないでしょうが、X線検査をしている訳ではないので、多分大丈夫だと思って乗るだけです。

自分がやった加工のせいでケガをしても
誰にも文句は言えませんからね。

なので、他人から頼まれてもやりません。