2018年04月

イメージ 1

サドルバッグって、
どの位の大きさが
カッコ良さと実用性の妥協点かというと、

小さい方がカッコ良いのは当然なんですが
私は、
シーコンの最大サイズ(690cc)でも小さいと思います。

700cチューブ2本とタイヤレバー3本、携帯ポンプ、最低限の工具を入れるとして最低限のサイズが、

【上画像の】
ルコックスポルティーフだと思います。
シーコンの最大サイズの1.5倍は入ります。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95-coq-sportif-%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0/dp/B06XKP3BLS

ただし、
シーコンと違い、
サドルのレールに固定する基部は無く、
ベルクロベルトでサドルレールに括りつける
仕様なので、
カッコ良さを重視する私には我慢出来ず、
上画像の様にシーコンのアタッチメントを
ネジ止めしました。

画像は完成した状態で、
加工途中の画像は撮影していませんが、
手先が器用な人なら、加工法は解ると思います。

手前味噌ながら、
シーコン純正で爪が折れてバッグ落下という人にも役に立つ画像だと思います。
折れると評判の悪い爪を最初からヘシ折って、64チタン製のM5皿ネジに変更しています。

イメージ 2

因みに、この汚い赤いサドルは、
2008年頃に買ったコンコールライトチタンのプラスチックベースを、
裾(下側)を10mmほど削って、
上下幅を詰めた後、
表皮は手芸センター東海で買った
シボ加工した本牛革に張り替えた物です。
今、画像で見ると、
非常に汚ならしくて恥ずかしい。(笑)






自転車に使われるネジで、
メートル並目ネジは前回書きましたが、
自転車やモーターサイクルの場合、
M8以上になると、並目が使われることは非常に少なく、大抵は細目になります。

JIS規格では【ホソメ】と読みますが、
私達、工業界の人間には通じません。
殆どの人は【サイメ】と読みます。

この規格になると、一般的な普通の
ホームセンターでは、まず買えません。

自転車屋でメーカー純正部品を買うか、
モーターサイクル用のピッチが合う
細目ネジを買って、頭の形を自分で変えるしかありません。
(あるいは見た目は我慢してそのまま使うか)

今回は、 
自転車に使われているメートル細目ネジで思い付いたのを書いて行きます。

前回と同じ、
ネジ径の細い方から。

【M4-P0.5】
シマノのフロントディレイラーの羽のアウタープレートとインナープレートを繋ぐボルト。
最新のは知らないけど、
FD-7700とFD-7800はこの規格。

【M8-P0.75】
いわゆる5ピン
シングル用、ダブル用とかで、
【ナット】の首下長さが重要になりますが、
5ピンのネジピッチは、
基本的にコレ一種類しかありません。
ただし、
カンパやミケのクランクの様に、
クランクアーム裏側にチェーンリングボルトを締め付けるモデルは、
そこだけはM8のピッチ1.0になっています。
(しかも、そこだけイジリ止めトルクスヘッドになっていたりして、社外品に交換することを阻止する仕様)

【M8-P1.0】
四角テーパー用クランクボルト
(BBシャフトにクランクを取り付けるボルト。)

【M9-P1.0】
フロントハブ軸。
現行ピスト車やクイックリリース式中空シャフトはコレ。
ママチャリの中空でないハブ軸にも使われることもあります。

【M10-P1.0】
リヤハブ軸。
リヤディレイラーのハンガーボルト。

【M15-P1.0】
オクタリンクとISIS規格のクランクボルト。

【M20-P1.0】
ホローテック2の左側クランクのキャップ。

【M22-P1.0】
四角テーパー、オクタリンク、ISIS
のクランクダストキャップ。

余談ですが、
CレコとかヴィクトリーとかクローチェダウネはM22で左ネジ(逆ネジです)

細目メートルネジ規格だと
こんなところですかね。
ネジ径が変わってもピッチは1.0というのが非常に多い印象ですね。

↑このページのトップヘ