つい最近まで、
ちょくちょく依頼されるにも関わらず、
絶対に お断りしていた加工が
やっと、
ソコソコの精度で出来る様になりました。

それは、外径1インチ(Φ25.4mm)の
【全くネジ切りされていない】
アヘッド用フォークコラムに、
クイルステムを付けられる様に
フォークコラムにネジを切る加工です。

今のイタリアンクロモリフレームは、
だいたいネジ切りコラムに戻っていますが、
1998~2010年位のイタリアンクロモリフレームは、
1インチの鉄コラムなのに、
フォークブレードだけがカーボン
ミズノやタイムのカーボンフォーク等】
という、
何がなんだか、訳の分からない仕様の物が
非常に多かったし、

オール鉄フォークでも、
アヘッド仕様になっている物も、
非常に多かったと記憶しています。

↓の画像は、(保管が悪くて錆び錆びですが)
Amazonで買った、中華製の
安物のフォークコラムダイスです。

https://www.amazon.co.jp/Merlintools-%E4%B8%B8%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9-1-24/dp/B00LHJINZM?ref=pf_ov_at_pdctrvw_dp

DSC_0009~2

何故、
こんなゴミみたいなダイスを買ったのかは、
この記事の最後の方で説明しますが、
これを買ってから、ママチャリは勿論、
私自身のデローザや、友人のコルナゴ等の
イタリアンも含めた、
【元々ネジの切られている】
昔ながらの1インチスレッドフォークの
いろんなコラムに通してみましたが、
ダイスハンドルを使わずとも、
スルスル入って行きますし、
ほんの僅かに(糸屑の様な)切り粉が出るだけですから、
(切れ味の良し悪しは別として)
径もピッチも、完全に適合するということです。

ちなみに
以前に、フォーク改造でお世話になった、
大滝製作所さん  に、聞いたところ、
現行のNJSのフォークコラムでも
カンパのコラムダイスを通す、
との、ことですから、
現在では、
【フォークコラムのネジに関してだけは】、
イタリアンとBSCでは、
区別は無いという考えの様です。
(BB規格は全くの別物ですが)

(初期のカンパ大工具の
ダイスとかタップのネジ山角度が
55度なのか60度なのかは、
私は知りませんが、カンパが競輪用のNJS用規格に合わせた部品を作った頃からは、NJS用では無いロードレーサー用の部品も、ハブシャフトやら何やら、ほとんどが、ネジ山角度が60度になったという話を聞いたことがある様な無い様な....

現に、
シマノのヘッドパーツ【HP7410】でも、
イタリアンとBSCとの違いは、
ヘッドチューブへの
上下ワンの圧入部分の寸法と
フォークコラムに圧入する下玉押しの内径の違いだけで、上玉押しと一番上のロックナットは、
共用になっています。
つまり、ネジ込む部分の寸法は、
BSCもイタリアンも
同じ規格として扱っているということです。

ちなみに、
アマゾンで買った、
この怪しげなコラムダイスですが、

ダイスの外径がΦ55mmと非常に特殊なので、
一般的なΦ57mm用ダイスハンドルは使えず、
普通の一般人ならば
これ専用のΦ55mm用ダイスハンドルを
3600円も出して買う必要があります。

それも買ったとして、
このダイスを使って普通の人が
フォームコラムにネジを立てることが
出来るのかというと、

恐らくは不可能です。

元々ネジが切ってあるコラムなら、
そのネジ山に  このダイスを通して、
ネジ切り部を延長してから切断すれば、
何の問題もありません。

切断してからダイスを外せば、
切り口の潰れたネジ山もキレイに戻ります。

しかし、

全くネジが切られていないコラムに
新規にネジを切ろうとするなら、

最初の切り始めの時に、
パイプとダイスの直角を出すのが
非常に重要なんですが、

ガイドを使わずに直角に保持するのは、
神業レベルの凄腕の熟練者しか無理です。

↓の画像は極端な例ですが、
切り始めに、わずかでも傾いたら終わりです。

(ちなみに、パイプはベロクラフトさんで購入したカイセイのアヘッドコラム用)


DSC_0010~2

これこそが、
素人の私は勿論のこと
コラムダイスを持っているプロショップでも
【無垢のパイプに新規のネジ切り】
を、断る最大の理由です。

ガイドを使わないとすれば、
目視とカンに頼った、
失敗が許されない一発勝負であり、
直角を保持しながらネジ切り出来る様な
技術を持つ人は、ほとんど居ないでしょう。

パークツールのフォークコラムダイスのセットには、無垢のパイプに新規にネジ切りする場合でも直角が出る様なガイドが付いていますが、ガイドの長さの上下幅が短いので、
そんなに高い精度は出せません

そこで、

イヤでも(アホでも)

ダイスが高精度で直角に保持出来る治具を
作ってみました。

DSC_0014~2

↑これは、NC旋盤で、
Φ28の丸棒から25.44mm に、
削り落とした後に
【同軸で】1インチ24山のネジを
ネジ切りチップで切った治具を
最初の画像で紹介した、安物中華製ダイスに通したところです。
最初からダイスでネジ切りした訳ではなく、
ネジ切りバイトで0.1mmくらいオーバサイズで切ってから通したので、
軸とネジ山部の直角精度は完璧に出ているし

ダイスに通した状態で、
ギッチギチの、ガタが全く無い状態です。

コレ専用の、
内径Φ55のダイスハンドル(ホルダー)は、
Amazonでも売ってはいますが、
価格も結構高いのに、このダイスにしか使えません。

だから、
会社に転がっているS50Cの端材で、
普通のΦ57mmダイスハンドルで使える様な
内径55mmで外径57mmのアダプターを
作ろうかと思いましたが、

そんな手間を掛けるなら、
Φ55mm専用品を作る方が精度も良いし、
NC機なら昼休みの1時間で充分作れるので、
いっそのこと、一から専用品を作りました。

実際には、内径55.5mmで作りました。
内径を0.5mm大きくしたのは、
ある程度ガタが必要な為です。

DSC_0015~2

↑は、
ダイスが嵌まり、
最終的にはダイスハンドルが取り付けられるメインボディです。
コレに先ほどのガイドを通したダイスを
装着します。

外周側から4箇所から
M8のトガリ先ホーローで回り止めを兼ね、
なるべく中心になるように固定します。
(使わないネジ穴に最後にハンドルをネジ込む様になっています。)

DSC_0016~2

更に、その上から
ダイスが外れない様に固定する
蓋↓をネジ止めします。

DSC_0017~2

ココまでは、全て仮締めに留めて、
ホルダーの中でダイスが
【ラジアル方向にだけ】
カタカタ動く様にしておきます。
(スラスト方向にはガタはありません。)

さて、ここからが肝心なところですが、

この.ネジ切りした、Φ25.44の治具に
シックリとハマってガタがほとんど無い
様に作ったガイドが
↓画像の物です。

DSC_0016~3

カイセイの新品のフォークコラムは
外径Φ25.41だったので、
それ専用に内径Φ25.48で作って丁度良い感じでしたが、
最近頼まれたネオプリマートを始め、
アヘッドステムを強く締め付けた後の物は、
歪んで微妙に楕円になっていたので、
0.025mm刻みで3種類作りました。

DSC_0018~2

↑は、一番ガタが少なく、尚且つスムーズに回せるガイドを挿入して行く途中です。

【ガイドを固定するネジ】
が、通る部分のバカ穴の径は、
全て0.6mm大きく空けているので、
内径ぴったりの治具を固定するのに、
完璧にセンタリング出来ます。

そして、そのガイドをネジ止めしてから
全てのネジを締めます。

これで、
ガイドの中心とダイスの中心が
完全に一致し、
尚且つ、完全に直角が出ています。

最後に
ダイスにネジ込まれている
Φ25.44の治具を外し、
ダイスホルダー外周部に
ハンドルを取り付けた状態が
↓の画像です。

DSC_0019~2

ガイドの長さが60mmありますし、
内径は何種類か【キッチキチでピッタリ】
の物を作ったので、
どんな不器用な人でも、
コラムにガイドを差し込んだ時点で
イヤでも完璧に直角が出ます。
(逆に言えば斜めにすることが不可能)

だから、この治具を使えば、
無垢のパイプに新規のネジ切りが
誰でも出来る様になる。という訳です。

実際には、完璧にネジ切りして、
ヘッドパーツを完璧に取り付けられた、
としても、
Φ22.2mmのクイルステムを挿入する為に、
コラム内径を拡大する必要がある場合も
く、
それが、【手回しのリーマー】だけで済む
削り代なら良いのですが、
削り代が多いと、エンドミルやボーリングでの加工も必要なることもあります。

そこまでやれるショップは皆無でしょう。
フレームビルダーなら出来るでしょうがね、

そこいらの、
[手組みホイールが組める程度]
の、プロショップでは全く無理な仕事です。

こういう時は、
金属切削業に勤めていて良かったなぁ
と、思う瞬間でもあります。

ちなみに、
何故、こんな安物の中華製ダイスに合わせた
直角保持治具を作ったのかというと、
カンパは勿論、ホーザンもcyclusも、
元々、ネジが切ってあるところを
【浚える】様に使う為に作られていて、
 特にカンパは非常に切れ味は良いが、

【刃先の靱性が全く無い】ので、

下手に扱うと、
簡単にチッピングを起こしてしまうからです。

ですから、
【刃物系工具】特にカンパのは、
絶対に他人に貸してはなりません。

コンクリートの床に落とされでもしたら、
一発で刃先が欠けますし、
下手するとダイスごと割れます。

この安物ダイスは、
焼き入れ硬度が低く、
刃先の研削も鋭くは無いので
通した跡のネジ山は、
若干曇った様な面になりますが、
刃先がチッピングを起こすことはありません。
神経質に扱う必要が無いということです。

この安物ダイスで、ムシレながらでも完璧に直角にネジ切り手来ていれば、
その後に、ホーザンやパーク、カンパのダイスを通すのは、ガイドは必要ありません。

だから、
無垢のパイプに最初の一発目の、
ガイドになるネジを切るのは
安物のダイス、タップが適しているのです。

チッピングを起こし難いし、
そもそも、
ダメになっても惜しくは無いですから。